早野龍五会長による講演会を開催します♪

11月19日(日)14:00 あがたの森文化会館講堂

 松本支部では、11月19日(日)14時(13時30分開場)あがたの森文化会館講堂にてスズキ・メソード(公益社団法人才能教育研究会)早野龍五会長の講演会を開催します。


 最近メディアなどでも子どもたちの非認知能力(集中力、忍耐力など)についての話題が取り上げられています。鈴木鎮一先生が提唱された「どの子も育つ 育て方ひとつ」をキーワードにもつスズキ・メソードの精神と子どもたちの能力にスポットをあて、「世界の夜明けはこどもからースズキ・メソードが育む『生きる力』」という講演テーマでお話ししていただきます。


 第2部ではスズキ・メソードの生徒たちのミニコンサートもお聴きいただけます。ぜひご来場ください。入場料は無料です。


楽器体験会を開催しました♪

9月24日(日)才能教育会館ホール

 

クリックで拡大

 今回は改装工事が終わり、すっかり綺麗になった才能教育会館ホールでの開催でした! みんなで楽しく楽器について学び・触れて、あなたも小さな音楽家。たくさんのお友だちが参加されました。

 
 今回は、20組のお申し込みをいただき、当日はとてもにぎやか。子どもたちのはしゃぐ声が響いていました。 
 
 始めにスズキ・メソードの生徒たちによるミニコンサートです。
ピアノ科    バッハ:メヌエット2番
フルート科   ベーリー:ロングロングアゴー
ヴァイオリン科 バッハ:メヌエット2番
        鈴木鎮一:アレグロ
        外国民謡:ちょうちょう
チェロ科    外国民謡:フランス民謡、こぎつね  
 
 初歩の生徒はごあいさつ、弓ふり、キラキラ星のタカタカタッタのリズムを披露しました。まだ曲は弾けないけれど、一生懸命な姿に参加者から大きな拍手をもらいました。 
 
 参加者の皆さんの体験の始めは、まずご挨拶から。そして、手作りのえんぴつ弓を使って、初歩の生徒と同じように弓ふりの体験。初めてとは思えないほど持ち方も振り方も上手にできて、みんな笑顔がこぼれました。その後、ヴァイオリンの生徒の演奏をBGMに、それぞれの楽器を実際に触れて、音を出してみました。初めて触る楽器に子どもたちは夢中です♪お母さんやお父さんもそんな我が子の様子を嬉しそうに見つめていました。


あがたの森サタデーコンサートを開催しました♪

9月2日(土)あがたの森文化会館

 
満席のお客様の前で、子どもたちは素晴らしい演奏をしてくれました。
プログラム

ヴァイオリン

クリックで拡大


      バッハ : 2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章
      ザイツ  :  ヴァイオリン協奏曲 第2番 第3楽章 
      ウェーバー :  狩人の合唱
      ゴゼック: ガヴォット
      外国民謡 :  こぎつね
      鈴木鎮一 :   キラキラ星変奏曲

チェロ

クリックで拡大


       サン=サーンス  : 白鳥
       ベートーヴェン : メヌエット ト長調
       バッハ : マーチ ト長調
       メドレー  ( アレグロ・むすんでひらいて・フランス民謡)
       鈴木鎮一 : キラキラ星変奏曲


第11回子どもたちによる鈴木鎮一記念館コンサートに出演しました!

7月9日(日)14:00開演 鈴木鎮一記念館

 

 
 鈴木鎮一記念館にて第11回となる子どもたちのコンサートが開催され、松本支部の生徒たちが出演しました。記念館のコンサートは毎回楽しみにしてくださるお客様も多く、今回もたくさんの方が聴きにきてくださいました。 
 
 ステージがないので演奏者のすぐ目の前にまで客席が設けられます。音の振動すら伝わりそうな距離です!そんな中でも堂々と立派に弾く姿がとても素晴らしかったです。
 

クリックで拡大

 コンサート前にお客様から差し入れでいただいたシュークリームを無邪気にほおばる姿、控室で開演を待つ間のおしゃべりや手遊び、そんな子どもらしい姿から一転本番への切り替え、集中力、午前中のリハーサルで注意されたことにも気を配り、本番の演奏に発揮できる…。これが当たり前のようにできることの素晴らしさは、日頃のおけいこの賜物だと思います。

 
 今日の演奏は鈴木先生のところにもきっと届いたことでしょう。
「皆さん、とても立派に弾けました。……悪いところを除けばね♪」
 茶目っ気たっぷりな鈴木先生の声が聞こえそうな記念館コンサートでした。

出演した子どもたちの感想です。

勝野クラス、大祐くん
「僕はアンサンブルの第1ヴァイオリンを弾きました。独奏するよりも皆と息を合わせるのが難しかったですが、良い経験になりました」 
 
長瀬クラス 匠汰くん
「僕は1楽章の高音の所の音程が取りにくくて難しかったです。それで何回もゆっくり練習をしたり、何度もCDを聴きました。本番前のリハーサルでは、音程がびみょうだったけれど、本番はかなり上手にひけて良かったです」
 
降籏クラス 玉彦くん
「2楽章はとてもしずかな曲です。ぼくは、美しい音で表現したいと思いました。音程と表現の工夫を先生から教えてもらって練習しました。えんそう会ではきんちょうしましたが、しっかりひけたと思います。これからもがんばります」
 
降旗クラス 丸人くん
「モーツァルトの曲は音程の確実さが問われます。それに加えてモーツァルトが楽譜に示した表現をしていかなければなりません。当日は緊張して練習の時のようにはいきませんでした。これからは一生懸命に練習して満足できる演奏ができるようにしたいと思います」

 
→鈴木鎮一記念館コンサート


スズキ・メソードの子どもたちが、アイシティ21で演奏しました!

6月25日(日)アイシティ21(山形村)1階中央特設ステージ

  

 
 毎回たくさんのお客様に生の演奏を聴いていただくアイシティ21でのコンサート。今回の参加生徒はヴァイオリン・チェロ・フルートの生徒総勢で78名!! ステージに収まりきらず、客席の目の前まで生徒が並びました。子どもたちの演奏に買い物途中の方も足を止めて聴きいっていました。途中、楽器を持ち始めて間もない小さな生徒も登場。キラキラ星に合わせて一番初めに習う「タカタカタッタ」のリズム演奏を披露しました。最後は参加者みんなでキラキラ星変奏曲を演奏。広い会場いっぱいに音が響き渡り、たくさんの拍手をいただきました。
 大盛況のアイシティコンサート、次回は12月23日開催です!
 
2017年6月25日(日)
開演:14時
アイシティ21(山形村)1階中央特設ステージ  →地図
曲目
【フルート斉奏】
・歌の翼に
・ブーレ
【ヴァイオリン斉奏】
・ユーモレスク
・二人のてきだん兵
・ロングロングアゴー
・メヌエット第3番
【チェロ斉奏】
・フランス民謡
・ちょうちょう
・こぎつね
・クリスマスのうた
・リゴードン
・マーチ
・スケルツォ
・白鳥


【ヴァイオリン、チェロ、フルート合奏】
・むきゅうどう
・アレグロ
・かすみか雲か
・むすんでひらいて
・こぎつね

【ごあいさつ・俳句・リズム】 
【ヴァイオリン、チェロ、フルート合奏】
・キラキラ星変奏曲  


ライオンズクラブよりご依頼いただき、演奏しました!

5月14日(日)キッセイ文化ホール 大ホール

  

ライオンズクラブよりご依頼いただき、松本支部ヴァイオリン科結城クラスの28名の生徒が演奏しました。息の合った演奏に、会場からは感嘆の声が上がりました。最後の「キラキラ星変奏曲」では小さな生徒も加わり、立派な音色がホールいっぱいに響きました。

 
2017年5月14日(日)
キッセイ文化ホール大ホール
曲目
・ヴィヴァルディ:協奏曲イ短調第1楽章
・シューマン:二人のてきだん兵
・バッハ:メヌエット第2番
・鈴木鎮一:むきゅうどう
・鈴木鎮一:アレグロ
・鈴木鎮一:キラキラ星変奏曲


「ブライアン・ルイス先生によるグループレッスン」を開催しました!

3月31日(金)ザ・ハーモニーホール(松本市音楽文化ホール)メインホール

  

ピアノ:石川咲子先生

 今年は、恒例の支部発表会と同じように、子どもたちの意欲につながる、何か別の企画をと考えていた矢先に、関西地区でのブライアン・ルイス先生のワークショップのことを知り、松本でもぜひにと、お願いいたしました。

 ブライアン先生には快く受けていただき、実現に至りました。
 
  当日は最初にブライアン先生が3曲、すばらしい演奏をしてくださいました。演奏曲目は、以下の通りです。演奏はどれも子どもたちに馴染みのある曲で、子どもたちは先生の演奏を食い入るように聴いていました。
 
・モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ イ長調K.526より第1楽章
・ラフマニノフ:ヴォカリーズ
・クライスラー:ジプシーの女(ギターナ)
 

ヴァイオリン科のグループレッスン

チェロ科のグループレッスン

 その余韻の中、グループレッスンでは、3歳から15歳までの初歩~上級生の子どもたち、
ヴァイオリン科175名とチェロ科25名の200名が参加し、約2時間行なわれました。先生は鈴木鎮一先生から学ばれた「トナリゼーション」の大切さなどを熱心に、また、ユーモアたっぷりに伝えてくださいました。 

 

ヴァイオリン・チェロ合同グループレッスン

 ヴァイオリンはもちろんのこと、チェロの曲もすばらしい音でご一緒に弾いてくださり、先生の行動と音の響きに、子どもたちの表情も演奏も生き生きと変化して行き、最後はすてきなキラキラ星が会場に広がりました。

 
 ブライアン先生は、松本には「ふるさと」のような特別な思いがおありとのことで、今回の子どもたちとの出会いをとても喜んでくださいました。鈴木鎮一先生の教えを通じて、こうした世界の結びつきがあると思うと、先生の偉大さを改めて実感いたしました。

ブライアン先生グループレッスン実行委員会

 
2017年3月31日(金)13:00〜
ザ・ハーモニーホール(松本市音楽文化ホール)
主催:スズキ・メソード松本支部


スズキ・メソード松本支部の公式サイトをリニューアルしました! 

スズキ・メソードの誕生した街、松本。
70年を経た今も、鈴木鎮一先生の教え「どの子も育つ」を合言葉に
親と子、そして指導者の緊密な関係を作り上げています。
生まれ変わった松本支部公式サイトでその一端をお楽しみください。